2007年11月06日

薄切り肉注文準備デビュー

ドイツ在住の皆さまは、よくご存知かと思いますが、

ドイツにはおじさんみたいなおばさんが多いんです。

そのおばさんの頭の下をそっくりそのまま男性の体に取り替えた姿を想像してみても、
じぇ〜んじぇ〜ん違和感ありません。ほぼ完璧なおじさん象が浮かび上がります。。

ドイツ女性は体格もいいし、最近は男女の服の区別もあまりないし、
おまけにひげのある方も多いので、マジ迷います。

今朝もまたおじさんみたいなおばさんにお肉屋さんで遭遇しました。

今朝、娘をスクールバス乗り場の近くまで送って行った帰りに、
「あっ、卵があと1個しかなかった!近所のあのお肉屋さんで買って帰ろう」と思い立ってお肉屋さんに立ち寄ったんです。
お肉屋さんにはミルクや卵パンなどの簡単な食料品もちょっと置いてるんですね。

普段なら、お店に入ったときは「ハロー」とか「グーテンタグ」とか言う様に心がけているんですが、今朝はまだ7時半で朝早かったのと寒かったので〜(いい訳)、ついあいさつし忘れて無言で入っちゃったんですよ。それに入ったときは誰も見えなかったし。

まず卵をチェックして、その後ヨーグルトもチェックしていたら、

Bitte schönビッテシェーン? ご注文は?

と、おじさんみたいなおばさん登場がく〜(落胆した顔)
それも顔と声がかなり恐い・・・。

あまりに恐かったので、えっ、もしかしてまだ開店前だった?
と思って、

もしかして開店まだですか? い、いや〜卵がほしんですけど」と英語でしどろもどろに返答・・・(←小心者)。

あっ、きっと挨拶しなかったのが悪かったんだなと心の中で思いながら、
卵6個入り1.45ユーロをとって、お肉カウンターのレジへ。

あっ、そうだ!お肉の薄切りの事を聞いてみようひらめき

Ich habe eine Frage 質問があります」(数少ない私の得意なドイツ語フレーズ)で言った後に、
すばやく英語に切り替えて、

「注文は今日じゃないんですけど、お肉をとても薄く切ってもらうことはできますか?」

おばさん、恐い顔で一言

Deutsch ドイツ語で」。

適当にドイツ語の単語をあわせて言うと、

おばさん「dünn? うすく?」

「Ja, ja, dunn! はい、はい、薄くわーい(嬉しい顔)

おばさん「Was!? ヴァ〜ス?何を!?」と大きな声で聞き返す。

「えっ何の肉かって事?例えば豚肉とか・・・」

おばさん「ja」

あ〜恐かった。
何でお客の私がびびらなにゃ〜あかんのだろう。
あのおじさんみたいなおばさん、前に入った時はいなかったような気がするけど、もう行くのやめようかなぁ〜。

イヤイヤこれであきらめたらダメだ。あの恐いおじさんみたいなおばさんはホントは優しいおばちゃんかもしれない。愛想が悪いだけかも。もう一度チャンスをあげるべきだ(!?)。

それにあのお肉屋さんはうちから近いし、結構老舗らしくて質も良さそうだし。
在独3年になるのにいつまでもスーパーのパック肉しか買えないんじゃ〜情けないってもんだ(?)。
(でもあのおばちゃんの薄切りって、ホントに薄切りかなぁ〜?)

ドイツ在住って、お肉の薄切り一つ注文するにしても結構大変なんすっよ。
ドイツ語もそうだけど強靭なハートがないとやってけないっす。


ブログランキングに参加中♪ よろしければポチポチビッテシェーン〜♪
Thank you for your support!

 banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ
posted by Yogacat at 23:13| Comment(32) | TrackBack(2) | ドイツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人が多く住んでいる地域の肉屋さんの中には、日本人向けに薄切りをすることで儲けをだしているところもあるけど、普通の肉屋さんに薄切りを頼むって、すごく大変ですよ。
5mmとか3mmくらいの厚さで切って「これでどうだ!」ってなりますからね。
私は「紙みたく薄くしてよ!」って言ったら「そんなのは肉じゃない!味がしない!」って怒られつつ、なだめすかしてどんどん薄く切らせてなんとか妥協したけど、それまでも妙な厚さに切った肉まで買わされました。
ついでに、すき焼き用の厚さだと軽く冷凍されてないと切れないので、店頭に並んでいるような肉じゃ無理なんですよ。

悪いことは言わないから、スライサーを買った方がいいと思いますよ。それに確実に肉屋さんに「ウザイ客」と認識され、後々不便になりますよ。
Posted by ゆき珠 at 2007年11月07日 00:22
Yogacatさん、こんにちは。
何だか読んでるほうもドキドキしますね。

でもこんな会話が続いていけば、きっとYogacatさんのブログの中に「うちの近所の贔屓にしているお肉屋さん」と登場するようになるんですね。

楽しみです、がんばってください。

いつかこの人を隠し撮りしていただけるとうれしいです。
(勿論堂々と記念写真ならなお可)
Posted by みき at 2007年11月07日 00:22
がんばってください!
お肉に関しては、やはりこういうお店の方がスーパーより高いけど、美味しいし、馴染みになると無理もきいてくれます。
定期的に買い物しても、不親切のままだったら、また別のお店を開拓しましょう。ドイツでは無愛想でも親切ということが店員さんにもありますから、そこんとこ、微妙なんだけど、わかるとらくになりますよー。また、お客全員に不親切なのと、外国人に不親切なのと、またいますからねー。
私も昨日、Schweine Nacken, sehr du¨nn, 500g bitte〜〜と買って来ました。
Posted by nyf1403 at 2007年11月07日 00:50
いやぁ〜、怖いですね。このおじおばさん。
Yogacatさん、負けないでぇ〜!と思いながら読んでました。

ゆき珠さんのコメントのように、スライサー買っちゃうのも手かもしれないですけど、やっぱり注文出来るお肉やさんって重要ですよね。薄く切ってって言ってもドイツ人の感覚の薄さで切られる時があるので、一度良いお肉屋さんを見つけたら、逃したくないですもんね。

ちなみに私は日本食材店とか、日本レストランでお肉注文してます。冷凍なので保存がきくし、便利ですよ。
Posted by ブースケ at 2007年11月07日 02:04
私、今はスライサーで、自分で切っていますけど、前のアパートに住んでいたころは近所の肉屋さんに頼んで薄切りにしてもらっていました。
コツはちょっとした塊を一つ買って、「明日取りに来るから、軽く冷凍してから切って。」とお願いするんです。
もちろん冷凍、スライスの手間分は払いますと言ってね。
友達何人かと一緒に大量購入すると、あまりいやな顔もせずに切ってくれました。
あと、「カルパッチョみたいに」切ってくれって言うと、相手もイメージしやすいみたいです。


Posted by phary at 2007年11月07日 06:50
うわ〜可笑しくて笑っちゃいました!
アメリカにも沢山おじちゃんみたいなおばちゃんがいますよ〜っていう私もそうならないようにしなくちゃ!
私が行くコーヒー屋さんがそうなの。この方は若いんですけどね、注文するのが怖いのよ!感じ悪いったら〜。でも、私も結構怖かったりして。へへへ
Posted by chiblits at 2007年11月07日 07:06
こんにちは、えいと@です。

なんだか店員さんの方がえらそうな感じですね〜。(苦笑)
ま、アメリカにもこんな威勢のいい(ちょっと怖い)おばちゃんはいますけどね〜。(笑)

ドイツはどうかわかりませんが、「うすく」だけではブタの生姜焼きくらいの厚さ(4〜5ミリ)に切られちゃう可能性がありますよ〜。
あとは、紙のようにうすくスライスできない場合もあるみたいですし。(スライサーの種類による)

次回、頑張ってみてください♪
えいと@は先日おいしくしゃぶしゃぶとすき焼きをいただきました〜♪(すごい量のお肉でしたが…苦笑) ぽち☆

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月07日 11:14
いるいる〜!
うちの隣の空き地の草刈りにくる人が、やはりおじさんかおばさんかわかりません。
子どもたちも「んー、どっちかなあ」と。
胸があるようにも見えるけど、太っているだけなのか。

ところで、Yogacatさん、ついに薄切りデビュー(?)ですか?!
私は、近所のお肉屋さんが次女の同級生のお家だと判明。
ちょっと期待をしているんですが…。
やっぱりスライサーかな…。
Posted by at 2007年11月07日 16:08
ゆき珠さ〜ん、そ、そうなんですか!
>怒られつつ、なだめすかしてどんどん薄く切らせてなんとか妥協したけど・・・・。
そんなぁ〜!私にはあのおじおばちゃんを「なだめすかす」なんていう高度なワザはもってないっすよ〜。
確かに。あのおばちゃんなら私をウザい客と認識しそうな気もする。やっぱりスライサー購入か?!
いや、結論はしばらく偵察してからにしよう。
Posted by Yogacat at 2007年11月07日 18:22
みきさん、あのおじおばちゃんの隠し撮りですか!あのお肉屋さんのお得意さんになる事に成功したらもしかして可能かもしれません!(笑)肉屋での新たな目標設定!(爆)
ところでイギリスにはおじおばちゃんはいないんでしょうか?それとお肉の薄切りはどうされてます?
Posted by Yogacat at 2007年11月07日 18:27
nyfさ〜ん、ありがとうございます。
しばらくは様子を見てみるとしますか。まずはあのおじおばちゃんが見かけがただ恐くて無愛想なのか、それとも外国人嫌いなのか、いやはや超薄切りを求める私をウザい客とみているのかどうかを定めたいと思います。
ドイツ人は一見無愛想だけど仲良くなると親切って言う人も多いですから、そうだと期待しましょ〜。
ところでSchweine Nackenって豚とろの事なんですね!焼肉にしたら美味しそう〜♪
薄切り注文の第一号はそのフレーズにしよ〜っと。メモメモ。ど〜もありがとう!あっ、でも注文はしばらく様子を見てからですよ!
Posted by Yogacat at 2007年11月07日 18:48
ドイツ人女性って、基本的に男顔の人が多いですよね?? 険しい顔しているからだろうか?

お肉、頑張らないといかんですよね。dünnと言っても、あのクルクル巻きにして売っている程度の薄切りしか出てこないかもしれないですね。
皆さんも書いているように、日本の薄切りまでするには、半冷凍してないと無理みたいな感じだし。
pharyさんの書きこみを参考に、私もまたチャレンジしてみようかしら!
Posted by ふろっしゅ at 2007年11月07日 20:52
いや〜、よーく分かります。
おじさんみたいなおばさんも、薄切り肉買うのが大変なことも。私はすっかり諦めてスーパー肉ばかりです、、、あとはたまーにフランクの日本食材屋さんで買ってました。
このおばちゃんとのその後、期待して待ってます!!
Posted by ひまわり at 2007年11月07日 22:25
最後はその店員さんの人間性にもよるんですが、「うざい客」と嫌われるかな、なんて心配しなくてもいいと思いますよ。というか、もしそう思われているな、と感じたら別の店に行けばいいんだし、心配して注文しないより、試してみたらどうかな、って。嫌な思いは、でも、避けれたら避けたいですよねー、うーん、微妙ですな。

私も昔可愛かった当時はドイツ語、じぇんじぇんだめでした。それでも、薄切りビッテ、を繰り返しても「うざい客」とは思われたことはなかったようです。あは、鈍感なのかにゃー。

ただ、日本の薄切りを求めるんだったら、やはりスライサーがいいでしょう。私はそれを求めてはいないんで・・。
Posted by nyf1403 at 2007年11月08日 01:45
busukeさ〜ん、おじおばさんのネーミングいいですね!早速使わせてもらってますよ。「おじさんみたいなおばさん」ってずばりそのままなんですけど、書くには長くて〜。
日本食材屋さんや日本レストランで注文って方も結構いらっしゃるんですね。でもうちの街には日本食レストランは一軒しかないけど注文できるのかなぁ、でも高そうだなぁ・・・。
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 05:31
pharyさんもスライサーをお持ちなんですね。
そういえばうちの近所の奥様もスライサーを持ってるって言ってたなぁ。こんど街の日本人奥様方に肉薄切りアンケートでもとってみようかな。
pharyさ〜んの注文のコツはちょっと慣れてから挑戦します。だって今の私にはちょっと難易度が高いっすよ〜。でもカルパッチョはいいですね!
あっそうだ、薄切りの写真を持っていくって言うのはどうかしら〜?。Sukiyaki, Syabu Syabu〜♪とか言って。
ドイツ人はSukiyakiって知ってるかしらん?
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 05:40
Chiblitsさ〜ん、アメリカにもおじおばさんはいるんですね!でもこのおばちゃんはマジ恐かったですよ。一瞬私は悪い事をした犯罪者になったような錯覚に陥りましたからね。
そうそう、そういうおじおばさん達にもまれて鍛えられて気付けば自分もおじおばさんに!!??
Chiblitsさん、お互いにそれだけは避けましょうね!ちゃんとひげがないかもチェックしましょうね(笑)。(実はここだけの話、私1本だけ長いのがあるんですよ!爆)
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 05:45
えいと@さ〜ん、紙のようにうすいお肉の写真見ましたよ!!あれはその場で切ってくれるんでしょうか?それとも注文しておくのかしら?
ドイツ薄切り肉注文デビュー、まぁどうなるか、見て見ましょう。まずは豚とろからいきます!
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 05:49
おじおばさんは麻さん宅周辺にも出没してるんですね!やっぱり多いなぁ〜。
マジで迷いますよねぇ〜。
麻さ〜ん、娘さんの同級生の家なら期待できそうじゃないですか!!ぜひがんばって下さいよ!そして結果報告きかせてね〜♪
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 05:54
ふろっしゅさ〜ん、基本的に男顔!そうかもですねぇ〜。もちろん中にはすごくきれいな人もいるけど、一般的にはあまりメイクしませんよね〜。
ふろっしゅさんも再チャレンジしてみて結果報告お待ちしてますわ〜(笑)。
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 19:24
ひまわりさ〜ん、スイスはどうなんでしょうね〜。ドイツとあまり変わらないような気もするけど、フランス語とイタリア語も公用語になってるからその分食事もフランスやイタリア的かしら〜?な〜んて思ったりして。
でもスイスの肉屋で薄切りを頼んだらすごく高そうな気がする・・・。
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 19:29
nyfさ〜ん、
>私も昔可愛かった当時はドイツ語、じぇんじぇんだめでした。
nyfさんでもドイツ語がじぇ〜んじぇ〜んダメな時期があったんですか!(ちょっと安心)
私はもうずい分前に可愛い盛りを過ぎたのに(爆)、いまだにドイツ語じぇ〜んじぇ〜んダメっす・・・。可愛いとダメでも多めに見てくれるのにねぇ。
こうなったら愛想200%出しまくって笑顔爆発で注文してみたいと思います(逆に不審がられたりして・・・)。さて、そのXデーはいつになるやら・・・。
Posted by Yogacat at 2007年11月08日 19:37
ちょっと前にどなたかのブログに、薄切り肉が夢に出てきた話がありましたよね?
ドイツ語でどういえばいいか出てきてましたよ。
誰だったかな?

その時にも書いたかもしれないんですが、イギリスでは半冷凍して切ってもらいます。
こちらではサーロインかリブアイという部位を「カルパッチョのようにして」で通じます。

その言い方を知らなかったときには、「ちょっと薄切り」を更に叩いて「ごく薄く」されてとても閉口した経験があります。
Posted by みき at 2007年11月08日 22:33
yogacatさん、いろいろご苦労されてますね・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・でも楽しそう・・・(-m-)今しか出来ない経験かもしれませんので、この際怖いおばさんとお友達になるのもいいかもしれませんね・・・。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ(スミマセン。お気楽で・・・。)ところでyogacatさんのブログを通して、お友達になった方がいらっしゃいます。(tomirinさん)昨日お会いしたのですが、とても良い出会いでした・・・。どうもありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ そこで、yogacatさんに是非お礼をしたいのですが、もし良かったら連絡先を教えていただけないでしょうか??私のブログのオーナーメールからだと大丈夫なので、是非お願いします(*- -)(*_ _)ペコリ yogacatさんのブログからオーナーメールを探したのですが、見当たらないので、コメントしました・・・。良い出会いをくれたyogacatさん、本当にありがとう(*- -)(*_ _)ペコリ
Posted by ウリズン at 2007年11月09日 09:15
今日の記事、とっても面白いです〜。
って思ったらやっぱりコメントの数もスゴいですね。。。
読んでて質問、質問、と思ってしまいました。
ドイツでは英語を普通に使ってもそれほど違和感無く大抵は通じる感じなんでしょうか?
そして、やっぱり英語を使うと、”ドイツ語で。”と言われちゃうこともよくあることなんでしょうか?
おじさんみたいなおばちゃん、こちらでも時々見かけますが、私は結構その飾らなさが好きだったりします(もちろんあんまり恐かったらイヤですけどね〜)。
Posted by reiko at 2007年11月10日 02:08
みきさ〜ん、薄切りお肉の夢まで見た人は麻さんですよ!!
ドイツ語で薄切りを頼むときの基本形は暗記していて、念のために手帳にもメモはしてあるんですけど、その時はびびってしまってど忘れ、おまけに手帳も持ってませんでした・・・。
カルパッチョって言うのがイメージしやすくていいみたいですね。
Posted by Yogacat at 2007年11月11日 04:24
ウリズンさ〜ん、tomirinさんとお会いになられたんですね!
私のブログがきっかけだなんてうれしいですね♪ それって不思議な感じですよね。
お礼だなんてとんでもないですよ!また遊びにいらしてくださいな。
私もこれからも遊びにいかせてもらいますね♪
もしかしたらいつか沖縄で二人に会える日があるかもしれませんね♪
Posted by Yogacat at 2007年11月11日 04:31
reikoさ〜ん、記事、喜んでいただけてうれしいです(喜んでいいのか?)。
私が住んでいる街は大学町で観光地そして外国人も多いので英語がかなり通じます。だからついつい英語に頼っちゃって〜。だから私のドイツ語は全然上達しません・・・。ちなみに今まで英語が通じなかったのはハウスマイスターのお兄ちゃんと乾燥機の修理のおじちゃんだけです。あっ、それとこのお肉屋のおじおばちゃん!!
でもドイツ語しか通じない場所もかなりあるみたいですよ!
Posted by Yogacat at 2007年11月11日 04:43
おじさんみたいなおばさんですかぁ〜
なんか納得して笑ってしまいました〜
そうそう、ひげのあるおばさんもいますよね?
声も低い人も多いし・・結構、この人女か男で悩むことないですかぁ?私はびびって焦ったあまり・・豚肉を・・・と言ってしまったことがあります。テレビの見すぎで・・・悪い言葉は頭から離れなくて・・・つい出てしまいました。
Posted by tomirin at 2007年11月11日 18:46
tomirinさ〜ん、おじおばちゃんって沖縄ではそんなに見かけないですよね?
ドイツではおじちゃん?おばちゃん?で悩む事多いですよ。もう慣れてしまいましたけど。
ちなみに悪い言葉ってドイツ語の悪い言葉ですか?
私は悪い言葉を覚えるほどドイツ語漬けの生活じゃないです・・・(反省)。悪い言葉、娘の方が良く知ってますね。
Posted by Yogacat at 2007年11月13日 04:12
はじめまして。
あまりの面白さと深い同意にコメントさせていただきます。
ドイツ人女性確かに怖いです。貫禄あります。でもその分仲良くなると頼もしいです(笑)
お肉の薄切りを頼むときは、シンケンよりももっともっとうすくしてと頼むと、すき焼きは無理ですが、生姜焼きレベルは可能かもですヽ(^o^)丿
Posted by マイスタリン at 2007年11月15日 14:46
マイスタリンさん、ご訪問&コメントありがとうございま〜す♪
ドイツ人確かに仲良くなると頼もしそうですね。
ダンナが今月はずーっと外食の為、ここがチャンスとばかりに軽いベジ生活に入ってます。だからお肉屋さんはまだ行っていないんですよ。
また遊びにいらして下さいね。

Posted by Yogacat at 2007年11月16日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64980216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[ドイツ]スーパーのポイント
Excerpt: Yogacatさんの所でたまたま見つけた記事なんですが、笑わせてもらったので、紹介できて光栄です!
Weblog: ココロとカラダのケア@ドイツ
Tracked: 2008-12-21 22:50

[ドイツ]スーパーのポイント
Excerpt: Yogacatさんの所でたまたま見つけた記事なんですが、笑わせてもらったので、紹介できて光栄です!
Weblog: ココロとカラダのケア@ドイツ
Tracked: 2008-12-23 21:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。