2007年06月30日

ミニ卒業式

昨日で娘は5学年度を修了。

インターナショナル校やアメリカンスクールでは、
5年生で小学校が修了し、6年生からはミドルスクールに進級する。
日本だと中学にあたるかな。
(ちなみにドイツの学校制度だと5年生から進路によって行く学校が異なる)

小学校卒業と言うことで、
5年生の担任のミスC(イギリス人)が教室でミニ卒業式を催してくれた。

日本の卒業式と比べるとあまりにも小規模だけれども、
心のこもった手作りのいい卒業式だった。

照明を落とした教室に親が待機。
正面には生徒の写真がパワーポイントで映し出されている。

BGMがかかり、生徒二人が入場。
1人は映し出された写真の生徒。
その生徒は入り口近くに置かれたキャンドルに火をつけて、
それをバラの花びらが浮かんだ水の上へ浮かべた後、
正面の椅子に着席。

そしてペアのもう1人が、着席した生徒の事を紹介する。
クラスでの様子、プロジェクトの思い出などいろいろ。

その後、今度は先生のMs.Cがパワーポイントで写真を見せながら、
生徒の様子を親へ紹介。

最後は、紹介された生徒が、初めての学校の思い出や、
6年生に向けての抱負を話して、次のペアへバトンタッチしていくという形式。

Ms.Cはとても素晴らしい先生だった。
子供たちも彼女から色々な事を学んだようだ。

6年生にむけての抱負を語る生徒達の多くが、
「6年生の担当がMs.Cみたいな先生だったらいいな」と語っていたのが印象的。

Ms.Cは、生徒ひとりずつに小さな鈴のついたビーズのブレスレットをプレゼントしてくれた。
ミドルスクールで、淋しくなったり、不安になったら、そのブレスレットの鈴を鳴らして、クラスメートの事を思い出して欲しい。そしたら元気がでるはずだから・・・と。

Ms.Cは、学校との契約の延長はせずに卒業式の翌日(今日)英国に戻るようです。
いい先生は去っていくんですよね・・・。

Ms.Cは、生徒達のこれからの人生で心に残る先生の1人になる事でしょう。


ブログランキングに参加中♪ 応援の2ポチっどうもありがとう〜♪
Thank you for your support!
 banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ


posted by Yogacat at 23:01| Comment(10) | TrackBack(0) | - イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お嬢さん、小学校終了おめでとうございます。
とってもいい先生に教えていただきよかったですね。
そしてとっても素敵な演出のミニ卒業式。親にも子供にも心に残るいい思い出になりますね。

お嬢さんの場合、日本語と英語、そして街中ではドイツ語という生活になるのでしょうか?
うちの子達以上に大変。
それをこなしているお嬢さん、えらいなぁ。
Posted by phary at 2007年07月01日 02:01
pharyさ〜ん、どうもありがとうございます♪
はい、ミスCはとてもいい先生でした。
でも去年の先生はちょっとひどかったんですよ。授業料返せと何度も思いましたよ。
娘の場合、日本の小学校3年1学期まで行ってから来たので、どちらも中途半端になっちゃって。
今が一番勝負時ですね。バイリンガルの科学と言う本によると一番悪い時に言葉を変えたみたい・・・。
教科もだんだんむずかしくなってるし。親として娘に悪いことしましたよ・・・。
ドイツ語はTVのマンガを見て覚えていますよ!
Posted by Yogacat at 2007年07月01日 03:46
ご卒業おめでとうございます。
こぢんまり、でも思い出に残る卒業式。いいですね。
生徒たちにそんなふうに慕われるなんて、先生にとっても嬉しいことですよね。
生徒はもちろん、先生も生徒のことってずっと忘れないものだと思います。
うちの親も教師でしたが、数十年経った今でも、先生!先生!って近況を知らせてきてくれる元生徒たちもいるんですよ。親もそれをとっても喜んでいます。
信頼できる先生と生徒の関係っていいなぁって思います。
お嬢さんが、また素晴らしい先生に巡り会えますように!
Posted by ♪Mumukau♪ at 2007年07月01日 05:31
もうそんなに大きくなりましたか?

娘さんとお会いしたのは、マキさん達とのパーティ以来なので、
もう9年近く前になりますよ!

ミドルスクールは上級生という感じで立派な響きに感じますが、
ミドルエイジは、メタボリックな?響きに聞こえますねぇ〜

お互いに頑張りましょう〜〜!
Posted by 江戸っ子マサ at 2007年07月01日 09:58
お嬢さん、卒業おめでとうございます。どんな卒業式も親として、ちょっとした達成感みたいなものでジーンときますね。
科目を好きになるって先生次第の事もあるから、熱心で子供の事を第一に考えてくれる先生がいっぱいいるといいですよね。
ちなみに Phoenixではうちの子、小学校は8年生までで、Middle Schoolがなく、9〜12年生が高校でした。 だからか、8年生の卒業式は盛大でした。School Districtでこんなに違うんですね。
Posted by Ziggy at 2007年07月01日 12:35
娘さんのご卒業おめでとうございます。
イメージ的に中学生ぐらいかと思っていたのですがまだ5年生なんですね。2人だけの卒業式ってなんか素敵です。

家の子達も小学校の卒業式を経験しました。ダンの時はハワイアンがテーマでみんなアロハシャツを着てました。その格好で歌ったり踊ったり。日本の卒業式とはかなり違うのでびっくりしたことを覚えてます。
Posted by ノリコ at 2007年07月03日 13:29
Mumukauさん、ありがとうございます♪
またミスCの様なすばらしい先生に巡りあうよう私も祈っています。

>うちの親も教師でしたが、数十年経った今でも、先生!先生!って近況を知らせてきてくれる元生徒たちもいるんですよ。親もそれをとっても喜んでいます。
Mumukauさ〜ん、いいお話ですね。
残念ながら私自身はそんな教師にはめぐり合っていないのが残念です・・・。いや、まだこれから先にあるかもしれないなぁ!?
Posted by Yogacat at 2007年07月09日 21:39
>ミドルスクールは上級生という感じで立派な響きに感じますが、
ミドルエイジは、メタボリックな?響きに聞こえますねぇ〜

ぷっ!何を言ってるの、まさやん!
相変わらずですなぁ。

ほんま、ミドルエイジにはお互い気をつけましょうね。
時間は毎年加速して進んでいきますからね!

Posted by Yogacat at 2007年07月09日 21:48
Ziggyさ〜ん、ありがとうございます。
へぇ〜、アメリカンスクールって制度は全て同じかと思ったら地区(州?)によっても違うんですね。
うちの娘のインター校は、ミドルスクールと言っても小規模の私立なんで、同じ学校内にあります。
Posted by Yogacat at 2007年07月09日 21:49
ノリコさ〜ん、ありがとうございます。
そして誤解させてしまったようでごめんなさい。
娘のクラスは2人だけではなくて、全員で16人くらいいます。二人ずつパートナーを組んで、順番にペアで出てきて相手を紹介しあうという形だったんですよ。いやぁ〜、文章ってむずかしいなぁ。
アロハの卒業式も楽しそうですね♪
Posted by Yogacat at 2007年07月09日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。