2007年02月14日

普段着のピアノ発表会

pianoconcert.jpg


先週の土曜日に娘のピアノ発表会があった。
発表会は年に4回、季節ごとに行われる。
今回のはWinter Concert.

娘のピアノの先生はロシア移民。ドイツにきて10年余だったりかなぁ?
ドイツ語、ロシア語、英語の3ヶ国語を話す。でも先生が特別に語学の達人と言うわけじゃなくて、ヨーロッパでは数ヶ国語話す人はざらにいる。娘の学校の仲のいいママ友なんてほとんどがトライリンガルだ。中には4-5ヶ国語話す人もいる(うらやまし〜い!)。
話がそれちゃった。ピアノの話ね。

で、このピアノ発表会がとても気楽でいいの。
みんな普段着で先生ももちろん普段着。
場所は旧市街にある小さなギャラリーの中。
ステージなんてなくて、ピアノもすぐそこ。

私が知っている日本のお子様たちのピアノ発表会ってかなり大掛かりだったよなぁ。
子供たちはドレスやスーツを新調しておめかし。立派なステージに立派な花束とetc。
たまにドレスアップするのも気が引き締まっていいんだけど、もっとひんぱんに気楽にあってもいいような気がする。

ドイツって言うか、私が住んでいる周辺ではクラシック音楽が普通に暮らしのなかに溶け込んでいる感じがする。
ピアノやバイオリン、フルートなどの楽器を習っている子供達もすごく多いし。またその子達がたまに街角にたって気軽にお小遣いかせぎしたりするしね。それが、また、見事な腕前だったりしてね。

ピアノやバイオリン弾けますっていうおじちゃんやおばちゃん達も多いんだよねぇ〜。
(音楽文化の層があついよねぇ〜、さすが音楽の国♪)
日本ではクラシックってちょっと敷居が高いような気がする。もっと気軽に習えれるようになれば、日本の音楽家達もふえて実力も上がっていくと思うんだけど・・・。日本人ってもともと器用だし。
(まぁ〜日本のクラシック音楽民謡が生活に溶け込んでいる地域もあるけどねぇ〜)

写真はドイツ人の女の子。彼女のお友達がチェロで友情出演。
発表会でいつも感じるのが、みんな演奏に感情が入っているなぁってこと。日本の子はテクニック的にうまい子は多いと思うけど、この感情移入はあまりないよなぁって、素人なりに感じるっす。

あ〜っ、私もバイオリンでもフルートでも演奏できたらなぁ〜〜。
(楽器演奏できる人、すごく尊敬しますハートたち(複数ハート)



ブログランキングに参加中♪ 
日本ブログ村の海外生活部門で、何と1,411位中10位のぴかぴか(新しい)ベスト10入り!!ぴかぴか(新しい)
うれしい〜♪ 皆様のおかげです!
どうもありがとうございます。モチバ〜ションがあがっちゃう!! 

 banner_02.gif にほんブログ村 海外生活ブログへ







posted by Yogacat at 23:02| Comment(8) | TrackBack(0) | - イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Best10入りおめでとうございます!
こんばんは、文太です。
音楽全般好きな僕ですが、クラシックも大好きです。実はピアノ、高校までずっとやってたんです。(尊敬してもらえるってことですよね?ね?←強要) でも日本の場合、コンサートなどもチケット高いですよねえ。僕はアメリカにいたとき、シーズン中は5ドルでボストン交響楽団聴きまくってました。日本だと3万円から。あんびりーば棒。
Posted by Bunta at 2007年02月14日 23:45
そうね〜。
だいたいが気楽な発表会だよね。
リヨンでも1ヶ月に1回ぐらいやってましたが、楽しかったなあ。
こういう発表会を見ても、コンサートの値段を見ても、音楽が身近にある気がします。
Buntaさんもおっしゃってますが、3万円じゃ家族では行けないわよ。
お、今見たら、8位になってるじゃないですか!おめでとう!
うちなんか、FC2ランキングで15位になっちゃったよ(泣)。
30ポイントって、3人しかポチしてくれてないのお?!ってガッカリ。
Posted by at 2007年02月15日 06:03
ほんとそうですねよ〜。
あんなに普段に音楽が溶け込んでいるって言うのは、すごいです!!とても羨ましい環境・・・・。ブログランキングすごいですね・・・。さすがYoga catさん・・・。ドイツいいですね。娘を是非、行かせて見たいです将来・・・。
Posted by ウリズン at 2007年02月15日 16:24
きゃ〜あ、文太さんからコメントもらえるなんて感激♪うれしいです。ありがとうございます。
エッ、高校までピアノを!男性がピアノを弾く姿ってステキですよね〜。奥様もそれに惚れ遊ばされたのかしら?(笑)ますます尊敬♪
交響楽団がシーズン中5ドルは安いですね。
私もこちらにいる間にオペラやらバレエやらを堪能しなくては!オーホホ♪
あんびりーば棒・・・おもしろい。
Posted by Yogacat at 2007年02月15日 20:03
麻さ〜ん、
ホント、3万円は「あんびりーば棒」ですよね♪
日本は安くていいのもたくさんあるんだから、教育とかこういう文化芸術もんも安くしてほしいですよねぇ〜。それが日本にとってもプラスになるのにねぇ〜。麻さん、どうにかして下さいよ!
ランキング今見たら12位になってました。
気楽にいきますよ。読んでくださる人がいるだけで励みになります。麻さんとこにもこれからポチポチにいきますねぇ〜。
Posted by Yogacat at 2007年02月15日 20:11
ウリズンさ〜ん、
沖縄は、ウチナーのクラシック音楽「民謡」が暮らしに溶け込んでますよね〜。三線やカチャーシー、それにオペラの組踊りもあるしね。私も「三線」習っておけばよかったと思いますよ。
で、民謡同様にクラシックも気軽に溶け込めばサイコーですよねぇ〜。
娘さんは音楽好きですか?ドイツの大学は授業料が安くてお薦めですよ♪ でも最近のユーロ高はどうにかしてくれ〜(泣)!!
Posted by Yogacat at 2007年02月15日 20:36
いいですねぇ。音楽が生活の一部なんて^^私もね、東京に住んでたころクラシックにかなり嵌って、CDを100枚近くも持ってましたよ^^;その前はJAZZでした。。。もちろん、詳しくはないんですが、3ヶ月ほど英語を習った先生が大のクラシックファンで、宿題がクラシックミュージックについて。。。^^;
楽器ができるというのは私もうらやましいです。うちの姉は絶対音感があるのか?ピアノを長い間習ってたからか?耳で聞いた音楽をすぐに弾くことができます。
私も大人になってからバイオリンを習い始めましたが(理由は小さい楽器だから)3ヶ月で辞めました^^;
Posted by chico at 2007年02月15日 21:45
Chicoさん、
クラシックCDを100枚もですか、すごいですねぇ。
結構凝り性でしょうか?
お姉さまもすごいですねぇ。1回聴いた音楽をすぐひけるなんて、陶芸をはじめ芸術的才能が豊かなんですね。うらやましい限りです。
Chicoさん、バイオリンをカナダで再開するとか?
私もあれこれ手をだしたのは多いんですけど、じぇ〜んぶ三日坊主です・・・(泣)。
Posted by Yogacat at 2007年02月16日 04:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。