2006年11月10日

VHS 水曜日クラスの出席率は35%!

水曜日のクラスは出席率がかなり悪い。
昨日の出席者は何と20人中のたったの7人!
その7人も途中から1人2人と減り、最後まで残ったのは4人だけ!

ドイツ語習得してベターライフ目指すんじゃなかったの?
ドイツの大学に入るんじゃなかったの?
ドイツで仕事探すんじゃなかったの?
ドイツ人彼女彼氏のためにがんばるんじゃなかったの?
なのに、な〜ぜ?exclamation&question
理由は簡単! 

Die Klasse ist sehr langweilig!!
授業がすご〜く退屈だからexclamation

水曜日の担当はVHSにしては若い(といっても30代前半位)の男の先生。
授業のほとんどはワークブックとプリント問題をさせるばかり。
フェミニンタイプで話し方も超スロー、黒板に文字を書くのもこれまたスローで、たしかに退屈。
授業中、ちょっとでも気をゆるめたら睡魔の世界にひきずりこまれてしまう。眠い(睡眠)

「M先生、若いんだからもうちょっと元気を出して授業して欲しいよねぇ〜、情熱が感じられないなぁ〜。この仕事向いていないんじゃないのぉ〜」と言いたい放題の私たち・・・(休み時間の生徒だけの会話)。

「授業が退屈だよ〜」っていう生徒の態度はあからさまで見え見え。なのにM先生には授業を改善しようという態度も見れない。これって職務怠慢じゃないのぉ〜とか思っていた私も、あまりの出席率の悪さと、あまりのたいくつさにかえって同情してしまうこの頃。

好きでもない仕事(勝手に決め付け)をやめないのは、失業率が高くて再就職がむずかしいから?あっそれともVHSの先生って公務員なのかしら?とこれまた勝手に想像。

まいずれにしても、
他の生徒達はすごくはっきりしていて、火曜日の帰りのあいさつは
「じゃ〜木曜日ねぇ〜!」
他の生徒や先生にも「水曜日はたいくつだから来ない」と宣言している。

おまけに水曜日はちょうど中間日で休むにはもってこいの日。それに休んでもほとんど影響なしと来ているから、うちで自習する方が確かに能率があがるかもしれない。

あのまじめなイラン人医師のハミドさえ水曜日は休息日にあてているくらいだ。
私も宿題と予習に追われてかなり「お疲れ気味」だし、ブログの更新も遅れ気味だし、で昨日の水曜日は「リフレッシュ休暇」をとろうかとも思った。でもやっぱりちょっと気がひけて、それに、誰も来なかったらかわいそうだな、とか思ったりして、結局朝から登校してフル4時間受けてきた私。

このへんが「真面目な日本人気質?」というか、「小心者?」というか、「Noと言えない日本人?」というか、

米国人のダンナにこの事を話すと、
「That’s not your responsibility それはあんたの責任じゃないでしょ」と一言。確かに授業を改善しようとしないM先生の責任だけど・・・。私の様な考えは全然ないらしい。これは日本人特有の考え方なのか?それとも私だけ?

私立の語学学校に比べると授業料が安いVHSは、1クラスの生徒数が多いのと先生のあたりはずれが大きいのが難点かな。

さて来週の水曜日は、休息日にしようか、それとも途中から行こうかなぁ・・・と悩んでいるところ・・・。

おまけ:
昨晩、この記事の更新中にSeeSaaブログがメンテナンスに入り、記事が全部消えちまいました〜(泣)もうやだ〜(悲しい顔)。それでただ今、金曜日の午前9時に更新してます。えッ、VHSは?
あまりの疲れに1時間目パスいたしました・・・トホホ、今日の先生は一番人気のおもしろい先生なのに・・・。

ブログランキングに参加中♪ 
日本人の私の気持ちが何となくわかるなぁと思った方は2ポチしていただけるとうれしいです♪
Thank you for your support!
 banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ




posted by Yogacat at 17:50| Comment(12) | TrackBack(0) | ドイツ語 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
yoga catさんは優しいんだよ^^でも、4時間も同じ先生で、それが退屈ならちょっと。。。困るね^^;
先生の当たり外れは確かにあるよね。アリゾナでESLに通っている頃、最初のセミスターはもちろんどの先生がいいかなんて分からないから時間だけで決めちゃって、回りからの情報が色々入ってきて、夏休みも一クラスだけその人気の先生のクラスを取る事にしたの。彼女はなんとまだ30歳いくかいかないかの美人な先生。でも、これが教えるのがめちゃくちゃ上手、彼女のおかげで苦手だった完了形がマスターできました^^生徒もすごく多くて普段ESLでは使わないような大きな教室で教えてたよ。だから、年齢は問題じゃないよう気がするよね。もし今年から初めて!ならもっと他の人気の先生の授業を受けて研究したり。。。そういう努力もせずに、他の先生と同じような給料もらうのって。。。逆に人気の先生達からしたら不平等感が生じないのかしらね?ちなみに私の行ってたコミュニティカレッジはセメスターが終わる頃に必ず先生の評価するアンケートみたいなのがあったけど。。。きっとそんなのあったらその先生首かもね。。。。それはそれでちょっとかわいそうかも。。。
Posted by chico at 2006年11月11日 00:34
Chicoさん、
私のこの感覚は「優しい」っていうのとも違うと思います・・・。上手く言えないけれど・・・。
アメリカの大学もセメスター終了後に必ず評価シートがありましたね。どこかの教授みたいな手抜きは許されませんからねぇ。
VHSではたま〜に評価シートがあるようです。でも労働者が強いドイツでは評価が悪くてもクビになることはないのかなぁ・・・?
Posted by Yoga cat at 2006年11月11日 05:52
「That's not your responsibility.」これって日本人からはほとんど出てこないだろうコメントですよね。同じような状況では、私は絶対言うことないだろうなぁ。
米国やドイツについてはわからないけど、英国系は教師がCirtificationがあることを学校側が示し、授業の質をアピールしてますよね。日本のBritish Councilでも売りにしてますし。実際、どの授業も満足でした。英語に対して独語を習おうという人は多くないということは評価する人が少ないということですし、制度的に劣ってしまうのかも。本屋さんでも、独語の教材も圧倒的に少ないですよね。自分に合う教材が見つからなくって困りモノです。
Posted by のだめ。 at 2006年11月11日 07:52
おつかれさまです〜。毎日の授業、大変ですね。私も月〜金までクラスがあるのですが、水曜日だけ休息日(っていうか昼間バイトがあるんですが)にしてます。
毎日勉強ばっかりしてると煮詰まっちゃう。
YogaCatさんの「休んだら先生に悪いかも」って思うのは日本人の気配り気質なのかもしれないですね。先生には悪いけど、たまにはゆっくり休んでくださいね〜。
Posted by shibako at 2006年11月11日 22:25
こんにちは〜。
ドイツ語勉強、いつもお疲れ様です〜(><)!

財政危機で閉鎖の相次ぐVHSですから、
先生のモチベーションも低いんじゃないかと・・・
・・・お給料とか待遇悪そうだし・・・(ーー;)
多分その水曜日先生、
『ドイツ語教師に向いてない』と十分自覚していると思います;;;
それでもこのどん底ドイツですから、
完全失業よりはマシなんでしょうね・・・。
(“仕方なく”ドイツ語教師やってるドイツ人、・・・結構います・・・私立の語学学校でも;|||||)
この最悪不景気、一体いつまで続くんでしょうねぇ〜もう(T_T)。。。

下↓のエントリのノンベジメニュー、
感動してしまいました(私が食べたい(笑))!
色鮮やかな和食卓が目に浮かぶようです☆
ひじきは、日本からお持ちになったものですか?
もしかしてドイツでも買えるんでしょうか(・v・)??
Posted by ヨシノ at 2006年11月12日 19:02
のだめさん、
ちょっと(?)日本人離れしてきた私でも「That's not your responsibility」はまだ使わないですね。感覚はわかりますが・・・。
お互いにドイツ語がんばりましょ〜〜!!でものだめさんの場合は単身赴任のバリバリキャリアウーマンなのでお仕事で使う機会もあるのでしょうか?いいなぁ、うらやましい♪
あ〜〜ん、私も仕事がしたいよ〜〜ん!
Posted by Yoga cat at 2006年11月12日 21:57
Shibakoさん、お疲れ様です♪
はい、私もだいぶお疲れで、今日なんか風邪気味で来週はマジで水曜日は休息しないとやばそうです。私まで行かなかったら出席は5人くらいかとにらんでますが・・・。「Well, that's not my responsibility」とあ〜あ言っちゃった。でも私の場合、皆に先を越されて休めなくなったってのもありですねぇ・・・(どんな感覚じゃ?)。
Posted by Yoga cat at 2006年11月12日 22:05
ヨシノさ〜ん、えっ、そうなんですか!!
>財政危機で閉鎖の相次ぐVHSですから、
閉鎖するVHSもあるんですか〜!まぁ〜!!私の通っているVHSはいつも定員オーバー気味なんで、今の所その心配は無さそうですが、でも以前、某大手私立の語学学校にヘッドハンティングされて途中からいなくなった先生がいましたね。
水曜以外の女の先生二人はすごくいいんですよぉ〜。ヘッドハンティングされなきゃ〜いいけど。
ひじきは帰国した際にどっさり運んできたもんです。そう言えばドイツではまだ見たことないなぁ。あってもすごく高いんだろうなぁ〜。
Posted by Yoga cat at 2006年11月12日 22:41
今日は‘
先生の仕事!!
ちょっとつらいところが^^アメリカは
自由すぎて??生徒の先生についての抗議が
副学長まで直接いってしまうこともありますからね〜怖いです、私には^^
大学で働いているうちの相棒も、あんまり難しいテスト作らないで静かにしておいてほしい。。職を失ってほしくない妻の希望です。ははっは
Posted by いまここに at 2006年11月13日 05:52
そうか!曜日によって先生が変わるんですね〜。
それにしても、なんともYoga catさんらしいお話ですね(笑)。
といいつつ、私も土曜クラスに行ってた時は、「今日は少ないなあ」と、妙に先生が気の毒になって、いつもより大きな声で発音練習したりしてました(笑)。
基本的に6回のコースだったのに、定員の12人を4人オーバーしたので、1回おまけで7回にしてくれていたんですよ(なんという良心的な!)。
しかし!結局、12人以上出席したのは最初の1回だけ!最後の3回は5人だもんね〜。VHS、だいぢょーぶか?!
Posted by at 2006年11月14日 03:08
いまここにさ〜ん、
わかります!アメリカの自由さ(!?)。
自分の点数が悪いと本気で先生のせいにする生徒がいますからねぇ〜。だったら他の点数のいい生徒は何よ〜って感じですが。文句は何でも言わなきゃ損みたいな感じはありましたねぇ。
Posted by Yoga cat at 2006年11月15日 06:53
麻さん、明日はその水曜日!
リフレッシュ休暇とります。ちょっと休んで、たまった用事を片付けようかと。でも明日来るのは多分4-5人じゃないかなぁ・・・。
Posted by Yoga cat at 2006年11月15日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。