2006年10月11日

VHSドイツ語クラスの生徒達って何者?

宿題に追われています・・・っていうか、最近は時間オーバーで最後まで終れない日が多い・・・。今日もまだまだ残っているのにもう深夜、ふ〜っ、ちょっと休憩にブログ更新でも!

前に話したVHSで知り合った世界67カ国の生徒達についての話ね。
私なりにカテゴリー分けしてみた。私が出会った生徒達を基にしているので実際にはもっとカテゴリー多いかもしれない。

それでは分類ね、

1. 学生1(ドイツの大学進学をめざしている生徒)
2. 学生2(語学留学)
3. ドイツ人と結婚してドイツに移って来た人
4. 移民
5. 彼女彼氏がドイツ人
6. 語学を習得してドイツ移住またはベターライフを目指している人
7. 配偶者の仕事でドイツに来た人(私みたいなお気楽系)

そして今日は1のドイツの大学進学を目指している学生達についてね。
外国の大学にどうせ留学するなら、大学ランキング上位の米国や英国の大学に行かずになぜドイツの大学?とお思いですか?(私は思った!)

それは、何と皆さん、ドイツの大学は無料!タダなんですよ!
ドイツ人限定じゃなくて、外国人もタダ!何て太っ腹の国なんでしょう!最初聞いた時はびっくりしました。あ〜知っていたら私も来たのにって(?)。

でも、さすがに最近はドイツの経済状態が悪化している為、授業料を取り始めた大学も出てきたようです。私の知っている大学は来年度から1学期(約6ヶ月)約500Eurの授業料をとるらしい。それでも米国や日本と比べればかなり安い。

学費無料(または格安)のドイツの大学へ入学するためにはドイツ語の資格テストに合格しなくてはいけないらしくて、まずはその試験に備えてVHSで勉強しているんだって。大学にタダでいけるだから、向上心のある生徒は勉強がんばるよね。
この「目指せ大学進学組」で私の知っているのは、エクアドル、イスラエル、ポーランド、韓国、ウクライナ、ロシア、中国の生徒。
エクアドルの子は男の子だけどドイツ人宅でオペアしてた。
オペアというのは、一言で言えば住み込みのベビーシッターかな? 1日何時間か子どもの世話をする代わりに、滞在費食費は無料提供、そしていくらかお小遣いも出るシステム。いい家庭に当たれば(?)、滞在費無料で子どもと遊びながら早くドイツ語を覚えられるかも。興味ある方はこちらをチェック。

そうそう、最近聞いた話だけど、中国人の女子留学生が「今までは無料だったのに…」とクラスでぼやいたら、
先生が「ドイツ政府に余裕がないから仕方ないのよ。それにドイツの納税者に対してUnfair(不公平)でしょ」と説明したらしい。私も先生に同意。
ドイツ人の給料から引かれる税金の合計が50-60%位という人もかなり多いらしくて、その税金で外国の生徒達の授業料までまかなっているんだからUnfairと言われても仕方ないのでは?(ドイツ失業率も高いし‥・)
その留学生、ぼやく前にもっと感謝した方がいいのでは!

日本でも政府がアジア人留学生に対して授業料の奨学金だけじゃなくて、何と生活費も援助すると言う話が出ているというのを聞いたけど…。日本人にも奨学金出してほしいな・・・。

つづく


ブログランキングに参加中♪ よろしければどうぞ。
Thank you for your supporting!
にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_02.gif




posted by Yogacat at 07:44| Comment(12) | TrackBack(0) | ドイツ語 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは知らなかった。。。すごい国ですね、ドイツって!大学の学費がただの国なんてあるんですね。でも、若干有料になったとしても他の国に比べたら安いわけで、それが一般市民の税金でまかなわれているなら、それは感謝しないと罰が当たりそう。日本の文部省が出している奨学金は半端じゃないですよ。学費はもちろん免除だし、月々17万くらい?人によっては31万説も。。。それから年に一度は祖国に帰るチケット代。それが最高7年間受けられます。私は外国人の友達が多くて、文部省の奨学金をもらってる人も多かったですが、アジアだけじゃないです。カナダ人オーストラリア人、イタリア人もいましたから。そして、バイトも出来るので、英語の先生をしてかなり収入がありましたよ。(アメリカは留学生は基本的にバイトできないじゃないですか。学校内とかじゃないと)日本にいる留学生はかなりお金持ちですよ。アジア人限定の奨学金もあるのかな?
Posted by Chico at 2006年10月11日 10:05
カテゴリ−7の麻です(笑)。
ドイツの他にも、ヨーロッパは大学の学費はタダかほんの少し、というところが多いですね。
ちょっとは払うのが当然という気がします(特に留学生の場合は)。
それから、学部によってですが、ヨーロッパの大学間での交換留学制度もいいですね。
例えばミラノの義妹はミラノ大学の建築科に行ってましたが、半年間ベルギーの大学に行くことができました。
Posted by 麻 at 2006年10月11日 15:03
私はこのOPEA制度の為にアパートを追い出される羽目に。。。(涙)
国際交流の為に海外から来た人が出て行くのであれば、それって国際交流なのかなぁなんて思ったりして。
Posted by のだめ。 at 2006年10月12日 03:42
Chicoさん、日本滞在の留学生はそんなに恵まれているんですか!!学費免除はまあ何とかわかるにしても、滞在費+年に1度の帰国費が最長7年にバイトも可能だなんて、ちょっと優遇しすぎでは?
それが何人位に支給されているのでしょうか…。私たちの税金が有効に使われていればいいんですけど。
私としては、何よりも大学進学を希望する優秀な日本人学生にまず奨学金なりを出して欲しいですよね。
アジア人留学生の件は、それに反対しようという記事をネットで最近読んだんだけど。
Posted by Yoga cat at 2006年10月12日 06:26
カテゴリー7の麻さん、
ちゃんとドイツ語勉強してますか?(笑)
えっ、ドイツ以外の国でも外国人学生の学費までタダなんですか!?欧州は太っ腹が多いですねぇ!あっ、でも英国の大学は外国人からはかなり高い学費を取ると言うのを聞いた事があるような…?(最近マイ記憶はかなりあやふや)。
でもヨーロッパの古い街並みでの大学生活ってのもいいよね。特にベルリンとかケンブリッジとかね。私も経験したかったなぁ。
Posted by Yoga cat at 2006年10月12日 06:36
のだめさん、
OPEA制度のためにアパートを追い出されたんですか!あらまぁ。
内容は良く知りませんが、いろいろあるんですねぇ。それで新居の住み心地は前よりベター?
Posted by Yoga cat at 2006年10月12日 06:39
かなりの国立大学の留学生はもらってると思いますよ。一度行ったパーティでは全員、(私以外)文部省の奨学金をもらってる海外からの留学生や卒業生でしたから^^;
もちろん、優秀な人達だと思いますが、そこまでする必要はなく、学費免除だけでも十分だと思うんですけどね。そうすれば日本人の学生に回せるのでは?と思いました。カナダではありえません^^;みんなStudentローンを組んで大学行ってますよ。それも異常なまでの学歴社会なので(私も来て知りました^^;)大学卒業して就職してからも大学行きなおしたり、大学院やPHDのため学生に戻る人も少なくないです。
Posted by Chico at 2006年10月13日 00:33
>ドイツの大学は無料!タダなんですよ!
>ドイツ人限定じゃなくて、外国人もタダ!

ええ!?そうなんですか?
ウチの息子、高三なんですけど・・・。
しかしなぁ・・留学というのは本人の熱意がないとねぇ。
親が奨める事ではないでしょうね。
でも、情報としてインプットしておきます。
他の方々のコメントもとても参考になります。
・・・なんか、私がドイツに留学したい・・・と思ってしまいます。
Posted by おかみ at 2006年10月13日 09:52
Chicoさん、カナダも米国と同様な学歴社会ですか。
あと純粋に「学びたい」と言う理由で年齢に関係なく大学院やPhd取得を目指す人も多いですよね。
日本だと「もう年だとか」「生活があるから」とかetcで余計な壁が多いけど。
日本政府は、年齢やその他に関係なく、向上心向学心のある人に奨学金や補助を出せば、結局は日本のためになると思うんだけど…なぁ。
Posted by Yoga cat at 2006年10月13日 21:06
おかみさん、
息子さんは音楽はお好きですか?
ドイツは音楽留学も多いんですよ!何せ偉大な作曲家達を生んだお国ですからね。
あと医学部も狙い目ですよ!と親心はどこまでも〜とエスカレートしていきますけど。
Posted by Yoga cat at 2006年10月13日 21:11
超遅レスでごめんなさい。
知らなかった、ドイツは無料なんですね。
イギリスは、外国人には優しくないですよね。EU圏内の生徒は無料か格安な学校はありますが、アジア圏の生徒には授業料は高いです。特に、ケンブリッジとオックスフォードは割高、、、。

この生徒分類も面白いですね。私も近々やってみます〜。
Posted by shibako at 2006年10月16日 14:08
Shibakoさん、
英国は外国人には割高の授業料があるって聞いた事があります。
ドイツは、外国人にも税金を払っている国民と同じベネフィットをあげるなんて太っ腹というか、すごいですよね。
Posted by Yoga cat at 2006年10月17日 05:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。