2006年09月01日

プラハ旅行記Iユダヤ人地区シナゴーグでの事件

早〜いもんで今日は8月31日!
今頃日本じゃ〜子供たち(プラス親)が夏休みの宿題を終わらせようと必死になってるだろうね。
私も早くプラハ旅行記を終わらせなきゃ〜ね。

今日はユダヤ人ゲットー編。ゲットーとはユダヤ教徒が住む事を許された一定地区の呼び名。

synagogue.jpg写真のギザギザ屋根が特徴のこの建物は、1270年頃に建てられたヨーロッパ最古のシナゴーグ。シナゴーグとはユダヤ教の教会。シナゴーグへ入るのは今回が初めて。

別館で入場券を買って、向かいにある新旧シナゴーグへ。
60代くらいの受付のおばちゃん達に入場券を見せて入場。男性は紙製の簡易キパ(ユダヤ教徒がかぶる小さな帽子)を渡される。シナゴーグに入る男性はこのキパをかぶるのが決まりらしい。
キパについては、エルサレムにお住まいの「地中海と砂漠のあいだ」のブログ記事でちょうど紹介されていたので、キパって何?と思う方はチェックしてみてね。

新旧シナゴーグの内部は思ったよりも暗くて狭かった。内部にはラビ(ユダヤ教司祭)の椅子やユダヤ紋章旗などがおいてある。15分くらいで見終わって入り口に戻って来た時に事件は起きた!

ちょうど家族連れが入場する所だった。その中の13歳位の東洋人の男の子がいきなり大声で叫んだ。

I’m not a Jew! I don’t wanna be a Jew! I won’t wear that! 僕はユダヤ人じゃない!ユダヤ人になりたくない!絶対それはかぶらないぞ!」と一人で大騒ぎだ。

受付の優しそうなおばちゃん達は困り果てながらも、中ではキパをかぶるのが決まりだという事を説明している様子。
そんなにイヤなら入らなきゃいいじゃないと思うんだけど、その男の子はキパはイヤだけど、シナゴーグの中は見たいらしくて、あきらめずにわめいている。

この失礼なクソガキ(失礼)の態度に周りもまゆをしかめていた。
「いやならさっさと出て行け」とそのクソガキをつまみ出してやりたかったこと・・・。それにしても母親らしき東洋人(多分マレー系中国人)とその夫(男の子の英語から多分米国人)は、困った顔をしながらもその男の子をどうすることもできない。

「僕はユダヤ人じゃない、ユダヤ人にはなりたくない」という言葉にはあきらかに差別の感情が感じられた。
他人に敬意を払うどころか、最低限の礼儀も知らず、そして公の場で平気で他人に迷惑をかけているこの男の子はどんな大人になるのか、他人事ながら不安を感じた一瞬。
ダンナは同じ米国人(多分)としてすごく恥ずかしいとこぼしていた。
(その男の子がその後どうしたかはわからない。あまりの見苦しさに途中で出てきたけど、最後まで見るべきだったわ・・・)

このゲットーには他にもマイゼルシナゴーグ、スペインシナゴーグ(外観がスペインのアルハンブラ宮殿に似ているためにそう呼ばれている)、ビンカスシナゴーグ等がある。

それから、このゲットーには1万2千もの墓石が異常に狭い間隔で並んでいる旧ユダヤ人墓地がある。土地が狭すぎて折り重なるように埋葬されているらしい。墓地は1787年に廃止され以後は埋葬されていない。

土地の所有禁止など様々な差別を受け続けてきたユダヤ人。
日本に住んでいると、ユダヤやパレスチナイスラエル問題などは教科書の中の話、はるか彼方の話で実感が湧かないけれど、ヨーロッパに住んでいると過去の問題から現在の問題までリアルに目の前に迫ってくる感じがする。

あっ!と気付いたら、日本はプラス7時間でもう9月1日になってしまった!
次はいよいよプラハ旅行記まとめ編だよ〜。

ブログランキングに参加中♪ よろしければどうぞ。
Thank you for your support!
にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_02.gif




posted by Yogacat at 04:54| Comment(6) | TrackBack(0) | - プラハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歴史なのでしょうか?
それとも教育で偏見を持っているのでしょうか?
ユダヤ人が才能、能力を磨くとまた、それが差別になって返ってくる。
どちらにしても悲しいことですね。
Posted by Cotton at 2006年09月01日 07:19
人種や宗教上の差別がなくなる日はくるんだろうか…
シナゴーグでのエピソードに不甲斐なさと悲しさを感じます。
どうすることもできずにいた男の子の両親、その後どうされたんでしょうね?自分の子供だったら…ほっぺたパシっ!だな。
Posted by 添乗員 at 2006年09月01日 08:44
こんにちは。TBどうもありがとうございました。
少年の態度を諭せない親御さんもどうかなあと。
一般的に偏見は無知から来るのではないかと思いますワ。
Posted by ちからく at 2006年09月01日 23:28
Cottonさん、
ほんと悲しいことですね。
相変わらず世界のあちこちでいまだにドンパチしているし・・・。
Posted by Yoga cat at 2006年09月02日 04:34
添乗員さん、
宗教上の紛争が耐えない現実を見ていると、
日本人みたいに特に宗教を持たず、お宮参りやXmas、ハローウィンに仏壇と何でもありのお気楽日本人感覚もいいかなと思えてくるんですが・・・。
Posted by Yoga cat at 2006年09月02日 04:49
ちからくさん、
コメントありがとうございます♪
少年の育った環境が気になりますよね。
少年の偏見がなくなるように祈るしかないですわ・・・。
Posted by Yoga cat at 2006年09月02日 04:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。