2006年08月16日

プラハ旅行記Dオペラ、ドン・ジョヴァンニ

don giovanni3.jpgプラハは音楽の街。

毎年5月に開催される有名な「プラハの春音楽祭」にはぜひ一度出かけてみたいもんだ。

街でもコンサートのビラ配りをよく見かけた。あちこちの教会等で毎日コンサートが開催されている模様。音楽は生活の一部になっているのね♪

というわけで、今回はモーツァルトのドン・ジョヴァンニを観賞した♪。モーツァルトとプラハのゆかりは深く、ドン・ジョヴァンニはプラハ市の依頼で作曲、初演はプラハのエステート劇場で大盛況だったらしい。
そして今回はマリオネット劇で初ドン・ジョヴァンニ!

プラハはマリオネットが有名。マリオネットと言ってもお子様用のお楽しみ操り人形劇じゃなくて、大人も十分も楽しめる芸術性の高いもの。

街にはマリオネット劇場がいくつかあるけど、今回は一番正統そうな国立マリオネット劇場にした。8時開演。席指定なし。7時半ごろ行って見ると、意外と小さめの劇場の半分がすでにうまっている。

何と韓国人の多いこと!開演時にはほぼ満席の半分以上は韓国人で、ここはソウル?私は誰?状態に一瞬おちいったほどだ。

街でも韓国人観光客多かったしねぇ。プラハに韓国企業かなり進出の様子。SamsungやLGなど韓国企業の広告も目立ってたし。プラハ空港の新ターミナルのディスプレイなんてほとんどLG製だったな。「がんばれニッポン」と思わず心でつぶやいていた私だったが・・・。

帰ってから早速ネットdeチェックしてみると、韓国では「プラハの恋人」というドラマが人気で、ソウル-プラハ間では大韓航空の直行便も飛んでるんだって。その影響もあるのかなぁ?(韓国人もミーハー?)

mozart.jpgと、話がそれてしまった。そうドン・ジョヴァンニの話。
コミカルなモーツァルトが幕間に出てきて笑いをとっていた。写真がかなりぶれているけど、雰囲気はわかる?
このモーツァルトは操り人形じゃなくて、下から動かすスタイル。
この3枚目モーツァルトは11歳の娘にはバカ受けだった。娘はお笑い系に弱いのだ。

don gionnvani2.jpg

人形は思ったより大きめ。50センチ位はあるかなぁ。私は早起きして歩き回り疲れてたのと台詞が子守唄になり、ちょっとウトウト・・・。

正直に言うと、マリオネット達の動きは私の期待の方がちょっと大きすぎだったかなって感じ。でもマリオネット達は何かほのぼのした雰囲気を持ってて十分に楽しめた。見る価値は十分ありだと思う。

チケットの値段は490Kc(今日のレートだとY2600位)で上演時間は約2時間。うちは前日に街のツーリストインフォで券買ったけど、事前にネットで買うと100Kcの小人/学割もあるみたい。旅行シーズンは毎日ほとんど満席で人気みたいです。興味のある方は、国立マリオネット劇場でチェックしてみてね♪

ブログランキングに参加中♪ よろしければどうぞ。
Thank you for your support!
にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_02.gif


空席を確認しながら簡単予約!

24時間オンライン予約システムbr>
エアナビ.com


ヨーロッパのホテル予約


posted by Yogacat at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | - プラハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。