2006年08月05日

国家の品格

今すごく読んでみたい本、「国家の品格」。

でもすぐに読めないのが海外在住のつらいとこ(まぁ、お金さえ出せば何とかなるんだけど・・・)。

あちこちから「おすすめだよ〜」の声が聞こえてくる。
遠く日本を離れて、特に祖国を意識する外国在住としては、「国家の品格」のタイトルにも惹かれやす。

何でも、本の中で

「日本語をちゃんと話せない人は、英語もちゃんと話せないのです。
日本語でちゃんと人に伝えられない人は、英語でちゃんと人に伝えられないのです。」

と、言っているらしく、私も大共感。

実際、英語はしゃべれるけど中身がない人達かなり見てきました。
だいたいが自称留学帰り(実際には短期英語コース修・やクラス単位取得しただけの場合が多し)の人達、または彼氏/彼女が在日外国人のケースが多かったわ。

発音は確かに上手く聞こえるけど、やけに必要以上の巻き舌。Rの発音なんか「スペイン語じゃーあるまいし、その舌、何回巻いてんだよ〜?」て感じ。そして、肝心の話の中身がない。そして過剰巻き舌者は、なぜか「自分はグレイト」だとカン違いしていて、しゃべれない人を見下すおばかが多かった気がする。

それから、若いおばかになると、FワードやSワードを使うのがかっこいいと思って連発する始末。

そういう人達にこそぜひ「国家の品格」を読んで欲しい気がする。と、私も読んでいないから、強くは言えないけれど、とにかくそういう気がする本。
中身があれば、発音なんか通じればいいのよ。日本人なんだから外人みたいに発音できなくてあたりまえ。中身が大事。

そして話は、悩みの、うちの娘のバイリンガル教育へとつながっていく。

日本語、英語、ドイツ語、そして「中身」とまだまだ修行が足りない私、早く「国家の品格」読んで、「品格」って何?と悩んでみた〜いぃ♪

つづく。

ブログランキングに参加中♪ よろしければどうぞ。
Thank you for your support!
にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_02.gif



posted by Yogacat at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ語 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。