2006年07月25日

バルセロナ旅行記D 情熱の旅人?

ガウディが若い頃に作ったガス灯を見ようとレイアール広場へ出かけた。

すると、そこで見たものは・・・。
nude.jpg

ジャーン! 中央の噴水の淵にもたれかかっている男に注目!わかる?
何と彼はオールヌード!
(元の写真はもっと大きくはっきり映っているが、これで何卒ご勘弁を!?)

そして誰かが通報したのか、警官2-3人がその裸男と話している。
でも緊迫した雰囲気は全然ない。

「君、服はどうしたの?」

「いやぁ、こう暑くっちゃ〜、服なんゥ着てられないよ。人間自然の姿が一番さ」(会話は私の想像)。

この裸男、歳は40代くらいか・・・。ビルケンサンダルにしっかり靴下を履いている所はやっぱり自然生活派ヒッピー系か。でも何となくユーモラス。

私が写真を撮るのも何なので、ダンナに
「早く写真を!ブログに載せるぞ、スクープだ」と撮ってもらったのが上の一枚。
写真右端の黒っぽい服の男性なんぞかなりの近距離から堂々と写している。

スペインでは裸は合法なのか、帰りに寄った時には警官はもういなくて、その裸男は、ごくフツーに旅人らしき若者たちと楽しそうにおしゃべりをしていた。

この広場の周りにはバルやレストランが並んでいて、大勢の観光客が外のカフェテーブルでお茶やディナーを楽しんでいたんだけど、もうみんな慣れちゃったのか、だ〜れも気にしていない様子。
私も、最初は、げぇーと裸男との初めての遭遇に仰天したけど、人間ってすぐ慣れる動物なのね。
家の娘は、えぇーそんなの見たくないと最後まで必死に目をそらしていたが(ジーと見てたらそれこそ問題だが)。

そういえば、100人位のスペイン人が全員裸で自転車に乗って、何かデモをしていた記事を見たことがあるわ。さすが情熱の国はデモする人も旅人も解放的でやることがちがうわ。


裸男見てみたいと思った方はワンクリックよろしく♪
人気blogランキングへ




posted by Yogacat at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | - バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゃーっ、全裸男が!
しかし裸にビルケン&靴下っていうのは素敵過ぎますね(爆笑)!

ドイツでも緑地の公園や水辺では裸族発見ですが、街中の公園でっていうのはさすが情熱の国!
Posted by tvhuette at 2006年07月26日 20:18
huetteさん、
ドイツでは裸族にまだ遭遇してないんですよ。話には聞いてますが。
なんでも裸族OKの公園では、大人も子どもも真っ裸でボール蹴りとかして遊んでいるとか・・・。怖いけど見てみたいような見たくないような・・・。
Posted by Yoga cat at 2006年07月29日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。