2011年03月17日

「にこさん」からのコメント

私が愛読しているバンクーバーの日本人社長ヒロさんのブログ、

外から見る日本、見られる日本人」に寄せられた

「にこさん」のコメントを転載します。

(ご本人の了解済みです)



「私は地震の時も現在も宮城県仙台市にいます。

沿岸部は津波でかなりのダメージを受けていて、内陸部もライフラインはまだ完全には復旧していません。

食料や水も足りません。

でも現地の私達は協力してがんばっています。

悲しいこともたくさんありますが、みんな精一杯、一日一日を生きています。

仙台の街中ではこんな状況の中で炊き出しをしてくれる人や、物資不足の中でも営業してくれるお店、困っ

た人に声をかけてくれる人、暖かいものが溢れています。

私達は復興に向けて一歩一歩確実にがんばっています。

昨日やっと電気が復旧し、テレビの報道を見ることが出来ました。

報道でやっているのは現地の悲惨な映像と政府の対応・政策の説明とそれに対する専門家の見解ばかり。

現地の私達が望んでいるのは私達への同情や、政府批判などではありません。

私達の元気な姿も報道して、そこから、人間の生きる力を感じて欲しい。

日本人もすてたもんじゃないなって、全国の日本人に感じて欲しいです。

みなさんが思っている以上に私達は今の状況を嘆いていません。

ですからみなさんも私達のこと、前向きに考えてください」

(以上コメント抜粋)






banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ

posted by Yogacat at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本・沖縄の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191046411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。