2006年05月18日

ドイツの春の旬 白アスパラガス

spargel2.jpg前にも話したけれど、ドイツ人のシュパーゲル(白アスパラガス)にかける意気込みはすごいものがある。普段は「食」にそれ程こだわりがない様に見えるドイツ人でもシュパーゲルは特別らしい。
6月24日までの約3ヶ月間の期間限定ものだし、何と言ってもシュパーゲルは待ちわびた春の象徴。寒いドイツに2年近くも住んでみるとその気持ちもわかるような気がする今日この頃です。
さて、シュパーゲルを食べずには春は来ないと言うわけで(もう5月も中旬ですが)、いただきましたよ、ドイツ産のシュパーゲル。
ドイツ産というのが大事。スペイン産とかは早めに出回り値段もちょっとお安めなんだけど、ドイツ産じゃないとだめなんですって。
それでスーパーでドイツ産をキロ/6.9EUR、7本3.9EURで買ってきました。

お恥ずかしい話、去年私は皮を剥く事を知らずにそのまま調理してしまいせっかくのシュパーゲルを無駄にした経験あり。何ともったいない!今度はしっかりと皮をむき、バター、塩、砂糖を入れたお湯の中で20分程ゆでました。

ダンナに3本、娘と私2本ずつで計7本。サイズ大きいからそれ位で十分だろうと思ったんですけど、皮剥いたら小さくなっちゃった。もっと買えばよかったわ。

spargel3.jpg定番のオランデンソースはカロリー高いのでやめて、パルメジャンとお醤油ちょっとたらして少しだけさっぱり系で。他にハム入りスカロップポテトと簡単サラダ。とてもおいしいシュパーゲルディナーでした。見た目はちょっと今一なので小さい写真で。

次はイタリア生ハムでも巻いてみようかしら。






posted by Yogacat at 06:42| Comment(2) | TrackBack(1) | - 食 Essen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yoga Catさん、こんにちは。
ホワイトアスパラガスが、ドイツの方にとってそれほどに思い入れのある素材なのだとは知りませんでした。
日本では、ようやくレストランでフレッシュホワイトアスパラの料理がおなじみになりましたが、一般向けにスーパーで市販されるところまでは普及していません。
定番のオランデーズソース(ドイツ語ではオランデン?)もいいですけど、パルミジャーノのお醤油もいいですね〜。
Posted by チーズくま at 2006年05月20日 13:33
チーズくまさん、コメントありがとうございます。

日本語では「パルミジャーノ」と言うんですね!外国名をカタカナで書くのって難しいですよね。
チーズを買いに出かけて、カタカナ名と現地名の違いで迷うことがあります。

チーズくまさんのチーズ記事はよく参考にさせていただいてます。後でまたチーズ情報ゲットに寄りますね。

Posted by Yoga cat at 2006年05月21日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オッペンハイマー・クレーテンブルンネンア
Excerpt: 完熟葡萄の中でも特に最良のものだけを選りすぐって造ったワインらしく、エレガントでコクのある濃厚な甘みが楽しめます。 デザートワインとしても、そのままでも冷やして十分楽しめます。 格付けはqmpアウスレ..
Weblog: DVDレコーダー(デジタルチューナー無し)の厳選紹介
Tracked: 2007-09-05 11:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。