2009年09月22日

お金拾ったらどうする?

20eur.jpg


旅行記でも書き始めるかと思ったら、
写真はまだカメラの中だった…。

そこでPCの写真フォルダーの中に入っていた1枚、

20ユーロ札。

これね、夫がジョギング中に拾ったお金。

「これどうしようか?」

と、しばらく窓際に置かれたままになっていたのを写したもの。

警察に届けるのもなぁ。
ドイツの警察って行ったことないしねぇ。

寄付でもするかなぁ。
ユニセフ?

とか、考えながら思い出した事。

私は、今まで何度かお金を拾ったことがある。
日本でね。

一番多くて3万円くらいだったかな、
1万とか2万とかね、何回か。

はい、全て一応警察に届けました。
落とし主が現れずにもらった事もありますよ。

でもね、最後に届けたお金、
お財布に入っていたけど、いくらだったかなぁ?

あれはね、ど〜も、担当した警官がネコババしたような気がする…。
いや、証拠は何もないけど、直感ってやつです。



それからね、
もうひとつ思い出したのが、
若かりし頃に、
英語のタンデムをしていたアメリカ人男子とご飯を食べた時の事。

支払いの際に、レジの女の子がお釣を間違えて多く渡した。

するとその男の子は、
「ラッキ〜♪」とネコババした。

私が、「返さないの?」
と聞くと、
「間違えた方が悪いんだよ」と言った。

その子、すごく純でマジメなタイプだったのに…。


でも、私も今だったら、
サービスが悪かったりしたらそのままもらうかも!(爆)


ところで、その20ユーロですが、
いつの間にか窓際から消えてましたけど…。

ブログランキングに参加中♪ 
Thank you for your support!

banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ


posted by Yogacat at 16:18| Comment(10) | TrackBack(0) | ひとりごと/メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは、えいと@です。

お金を拾ったら〜ですかー。
日本だったら…。
額にもよりますが、大きなお金だったら届けますね〜。
でも、10円とか100円〜とかだったら届けないかも〜ですね。
警察まで行くのがめんどくさいもん。
本当は届けなきゃいけないんだけどね。

アメリカの場合、そういうのって警察で取り扱いしてるのかな?
よくわからないなぁ〜。
でも、アメリカの場合、一番大きいお金が20ドル札なのです。2000円。
それ以上大きなお金は流通してないのですよね〜。
実際、お金が落ちてたなんてことないしねー。
カード社会ですもんね。あまりお金を持ち歩かないし。
1セント(1円)はたまに落ちてるかな。でも誰も拾わないですわ。(笑)

ドイツは日本みたいに現金を持ち歩くことが多いのでしょうか??? ぽち

  えいと@

Posted by えいと@ at 2009年09月23日 02:49

日本だと「交番」があるので便利ですけど、ここだとどうすればいいんでしょうね。
私はこのあいだスイスの山の峠で10ユ−ロ札を拾いました。これは、もらってしまいました!
Posted by 麻 at 2009年09月23日 14:52
お久しぶりです!最近、ドタバタしていて他ブロガーさんのとこまで遊びに行く余裕すらありませんでした(泣)
現在、「軟禁中」でブログ散策中(笑)
お金、拾っても10円とか100円でしたね。小学校の頃、お巡りさんに届けたら、彼の財布から同額のお金が出てきて「お小遣い」ともらった記憶があります。レジとか店内でお金を見つけたら、お店の人かな?
小心者だから、ネコババなんてしたら緊張でものすごく怪しい人になりそう(苦笑)
Posted by kojisato at 2009年09月24日 14:48
ティムちゃんは昔、結構な金額をなくしたことがあります。
お財布に入っていたんだけど、警察に届いたそうです。

私は現金だけが落ちていたら自分のものにします。
だって誰のかなんてわからないし。
よく拾いますよ。
最高は50ポンド札。
一番多いのは20ポンド札かなぁ?
でも自分でもよくなくします。

もしお財布とかバッグを拾ったら、金額に係わらず、警察に届けます。
一度お財布に名刺が入っていたので、電話をして直接届けてあげました(近所だったし)。
もし自分がなくしたら、そうしてくれるとうれしいかな?
Posted by みき at 2009年09月26日 01:53
お金を拾ったことがない桜もちで
ございます。 
こんにちわ〜、食欲の秋ですね?

高校生の時、友人とお食事か何かして、
5000円札で支払ったのに、一万円から差し引いたおつりを貰ってしまったことがあります。ただ食いした上に、お小遣いもらっちゃった計算。
慌てて返しに行こうとしたら、友達に腕を掴まれ、説教されました。。。何故返す? と。
当時の純朴な(!)女子高校生にとっては、返さないっちゅーのは衝撃的な事件でした。そういう世界があることも、私にはびっくりだったのです。
20ウン年経った今でも、忘れられずにおります。
あのおこづかい、どうしちゃったんだっけな?
Posted by 桜もち at 2009年09月26日 18:07
えいと@さん、私も普段はデビッドカード決済しているので現金は最低限しか持ち歩きません。なくすといやだし(笑)。
思ったけれど、拾ったお金を届けるのは日本人だけかも? そうそう、お釣ごまかす人なんてのもまずいないものね?!
Posted by Yogacat at 2009年09月27日 02:00
麻さん、日本の「Koban」システムは素晴らしいですよね!そのシステムが治安の良さにかなり貢献していると思います。
10ユーロだったら私ももらう!だってポリツァイに届けてもねぇ、珍しがられる上にネコババされるか、もらっておきなさいと言われそう・・・?
Posted by Yogacat at 2009年09月27日 02:06
Kojisatoさん、こちらこそご無沙汰しています。
わぁ〜いいお巡りさんですね。うれしくなりますね。
もし拾ったお金を使うなら、1人で使うには気が引けるので、皆と一緒にパッと使いたいですね。私も小心者かぁ(笑)。
Posted by Yogacat at 2009年09月29日 04:57
マダムむき、ティムちゃんのお財布よく届きましたね。英国では珍しくないですか? 
私はお財布をなくしたことはないのですが、お財布の中から現金だけすられた事はありますよ。すごいプロでしょ!?それも千円札1枚を残して!
Posted by Yogacat at 2009年09月29日 19:40
桜もちさん、ほほぉ、そのお友達もやりますなぁ(何が!?)
私もそのまま使うのは何となく気がひけますねぇ・・・。
昔、同僚が客が持ってきた竜の置物をフリマで売りさばいてそのお金でお昼をおごられました・・・。その竜の置物はなくなっても誰も気付かない位のものだったのですが、おごった後にこれであんたも同罪だ!と言われました・・・。
何ちゅうやつだ。
Posted by Yogacat at 2009年09月29日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128597580
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。