2008年10月06日

娘、ドイツ人おばちゃんに怒る

娘が帰ってくるなり、

全く、失礼なドイツ人のおばさん!ちっ(怒った顔)

と憤慨している。

「どうしたの?」と聞くと、

家の前を自転車で通りかかったドイツ人のおばさんドコモ提供が娘に

○○はどこか知ってる?

と道を尋ねてきたらしい。

うちの娘、日常会話程度のドイツ語ヒヤリングはできるが、
話す機会はほとんど皆無なので(普段は日本語と英語)
ドイツ語を話すのは苦手。

それでドイツ語で道順を説明するのに手間取ったらしい。

すると、そのおばちゃんが何と、

ドコモ提供「すぐに説明できないなんて、あなたホントはウソをいっているんじゃないの?!」

犬「い、いいえ、ドイツ語が苦手なんです。英語は話せますか?」

ドコモ提供「英語はできないよ。あなた一体何人よ?」

犬「日本人です…」

ドコモ提供「日本人には見えないけど。」

犬「アメリカも半分はいってます…。」

するとおばちゃん、
ドコモ提供ここに何年住んでるの?
とかいろいろ尋問してきたらしい(爆)

犬「変な訛りもあるあの失礼なおばちゃん、道を教えてあげたのに、なにあの言い草は!」
と怒りまくっていました。

私「ハハハ、あなたまだドイツ生活に慣れていないの!?」

「ドイツでは知ったかぶりのニセ情報を平気で教える人が多いから、あなたも同じ様にみられたんじゃないの?! ほら、覚えてる?あの時もそうだったでしょ! 知ったかぁ〜の話

私、思わず、先日のErdbeerさんのドイツ人が嫌いになる瞬間の話を思い出しちまいましたよ。

娘の話は笑い飛ばして軽く流したけど、確かに頭に来る話ね、
人に道を聞いておきながらその態度とは・・・。

これは先週の金曜日のドイツ統一記念日の時の出来事。
その日にupしようと思ったんだけれど、
ドイツのお祝いの日にこんな話もね、
と今日まで延期にしてましたぁ〜(爆)。

あっ、でも私もドイツはきらいじゃないですよ〜ぉ。念のため。



ブログランキングに参加中♪ 
Thank you for your support!
私もあるあるの方はポチポチッとね。笑

banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ
タグ:ドイツ人
posted by Yogacat at 04:03| Comment(19) | TrackBack(0) | ドイツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは、えいと@です。

えぇえーーーー! そんなことがあるんですか? ドイツって!
ちょっと失礼すぎる〜〜〜!
娘ちゃんが怒るのは無理ないですよー。

うーん、アメリカではそういうことはまずないですねぇ。
日本でもそんな失礼なこと言う人はよっぽどでしょうし。。。
ドイツも、たまたまそういう失礼なおばちゃんだった…ってことはないんでしょうか?
そんな人が多いんでしょうか?

ところで、ドイツでドイツ語を話さなくても生活できちゃうんですね? 英語が主流なんですか?
ちょっとびっくりしちゃいました。 ぽち☆

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年10月06日 05:42
ほ〜んと、どこの国でも人それぞれですよね。
うちの娘ははっきりとものを言う正確で 日本で歩道を歩いていて、後ろからきた自転車が鈴も鳴らさず、ぶつかって通り過ぎた時、大声で“すみませんって言ってくださ〜い!!!”って叫んでいました。笑
結局はそれも無視されましたけど。。。
それにしても日本では未だに歩道で自転車を乗っている人を多く見かけますね。
Posted by ziggy at 2008年10月06日 05:46
ヒドイ・・・||||(・・、)ひどすぎますね〜〜。これじゃ、娘さんじゃなくても怒りますねきっと・・・。ドイツの人がみんなそうじゃないとしても・・・・。娘さんこれにめげずに頑張ってくださいふぁいとぉー!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )bいっぷぁーつ!!
Posted by ウリズン at 2008年10月06日 10:17
えいと@さ〜ん、もちろんドイツ人全員がこんな失礼なおばちゃんばかりじゃないですよ、念のために。
娘が子供だと思って軽く見られたってのもあるかも…。
言うまでもなく親切な方もたくさんいらっしゃいます(人によるのはどこの国も同じね)。
えいと@さん、ドイツはもちろんドイツ語が主流ですよ!! 
私が住んでいる街は特別なんですよ。大学都市で観光地。外国人や若者が多いので、英語だけでもほとんど不自由しないの。だから私のドイツ語が全然上達しないんですぅ〜〜(涙)。
うちの娘を現地校に入れるべきだったかしら…。
Posted by Yogacat at 2008年10月06日 14:55
Ziggyさ〜ん、娘さん強いですね。いい事だ!笑。
うちの娘はとてもシャイなのでドイツで鍛えられて打たれ強くなって欲しいもんです(笑)。
日本では歩道で自転車!ルール違反だけど、その気持ちもちょっとわかるなぁと思いましたよ。
というのはね、前回の帰国時に沖縄でも自転車に乗っている人を以前よりも見かけました。でもね、とても危なそうでハラハラ!実際に事故も見たし。まずは自転車道整備をすべきだなぁと思いましたよ。
Posted by Yogacat at 2008年10月06日 15:04
ウリズンさん、今回は「ウソツキ」呼ばわりされたのはちとひどかったですね。でも、こうやってもまれながら強くなっていくんです(爆)。
そしてね、以前の「シッタカァー」(リンク先記事の知ったかぶり)の話をしたら納得してました(爆)。
Posted by Yogacat at 2008年10月06日 15:09
失礼な話ですよね。
ドイツ人だけには限らないけれど。
わたしも、嫌な経験ありです。
道を尋ねられて、丁寧に説明をはじめたら、それは違う・・とか言い出した!「そんなんなら聞くな!」
どこにでも、失礼な人はいるものなので、最近はこういうことがあっても、いちいち反応しない!と心に決めているのですが、でもやっぱり腹が立って仕方ないです。
Posted by imogas at 2008年10月06日 17:08
ドイツって、英語圏に比べると喋れない住民に対して寛容なところがあるんだけど、そのおばさんは騙されっ放しの人生だったのかしら?
それとも、東出身の人かも。
東出身の人って、西側出身の人に比べると外国人に対して異常なまでに突っかかる人がいるから…。
この際、お嬢さんもドイツ語会話の練習をしたらどうですか?今なら簡単に覚えられると思いますよ。

東側の人について…
うちの夫が同じ部署の職種は違うけど、部下に当たる東出身の女の子に注意をしたら『外国人に叱られるなんて!』と、すぐに辞表を出しちゃった。
その話を、語学学校の仲良しの先生に話をしたら『東側の人をクビにしたい時には、外国人上司に叱らせるのが手っ取り早いんだよ。彼らはドイツ人であることに妙な自信を持っているからね』と聞きました。
まだまだ、そういう感じみたいですよ。
Posted by ゆき珠 at 2008年10月06日 20:41
どうも^^
私もリンク頂いて行きます!

↑で私の記事が紹介されていますね><;
今読み返すと、かなり否定的でひいてしまう記事で恥ずかしいです(笑)。でも、その日は実際そういう嫌な思いをしたので、嘘偽りはないですよ〜^^;

娘さん、ハーフなんですね。その場景、嫌なほど思い浮かんでしまいます。昔、ワーホリで来ていた日本人の方も、そういうおばさんの「ドイツ語なんでできないの?」攻撃にウンザリしていました(元々彼女はホリデー目的で習う気無く)。

ドイツ人の知ったかぶりは、有名ですね…
Posted by Erdbeer at 2008年10月06日 22:06
imogasさん、道を聞かれて「それは違う」って言われたんですか!
マジで「そんなら聞くな」ですよね。
そりゃぁ頭にきますね。機嫌が悪い時や落ち込んでいる時には笑い飛ばすのにも限度がありますしね…。
Posted by Yogacat at 2008年10月07日 00:08
ぷっ、ゆき珠さん、
>そのおばさんは騙されっ放しの人生だったのかしら?
そうだったのかもしれませんね。

うちの娘、9月から独語クラスをとっています。聞き取りはかなりできるので話す機会があれば上達も早いかなと期待しているんですけど…。でもクラスは今の所まだリスニングだけのようです(早く私の専属通訳になってくれ…爆)。

へぇ〜、東出身の人ってそんな傾向があるんですかぁ。
私の知っている東出身の方は心なしか暗い雰囲気があります。
いい人なのに、こう笑顔が少ないって言うか…。笑うところを余り見た事がありません。
Posted by Yogacat at 2008年10月07日 01:04
Erdbeerさん、勝手に記事の紹介しちゃってごめんなさいね(多分OKだと思って〜〜っ)。でもあの記事の様な日ってありますよ。それに似たような話もよく聞きますよね(あれ程ひどくはないけど…)。
えっ、ドイツの知ったかぶりって有名なんですか!?(他の国民も多し)
っていうか、最近はばか正直なのは日本人だけぇ〜?って思うようになってきた私って…?!
あっ、でも米系組織で働いていた時に人の話は「話半分」じゃなくて「30%」位が妥当だったって事を思い出した!
Posted by Yogacat at 2008年10月07日 01:12
2度の旅行でドイツの人っていい人ばかりだなぁと思っていたけど、私が出会った人たちがたまたま良かっただけなんですね。
デュッセルの友達も時々いやな思いしてるみたいだし。
しかし、子供に対してのこの態度はヒドイわ!!!
↓今回はシュバイネハクセ食べなかった!!あー悔しい。

Posted by acho☆ at 2008年10月07日 01:54
>勝手に記事の紹介しちゃってごめんなさいね
あ〜全然OKですよ^^。いつでも勝手にお使い下さい♪ ちょっと自分の中で読み返すと恥ずかしい記事だったので、そう述べただけです(違う風に解釈させてしまってすいません!)。

知ったかぶりが有名というか、自己主張が強い人が多いですね。一度、照焼きのタレの作り方で、ドイツ人に咎められたことがあります^^。もうちょっと日本人の意見を信じて欲しかったですよ〜(放っておきましたが)。

>「30%」位が妥当だったって事を思い出した!
これは、どういうことでしょう?
Posted by Erdbeer at 2008年10月07日 04:11
Achoさ〜ん、今回の旅行でこんな失礼な人には会わなくて良かったですね。
でもね、ドイツ人って無愛想だと思っていた人が話してみるととても面倒見がいい人だったりする事も多いんですよ。
良く言えば裏表がないかも!思った事を何も考えずにすぐ口にしてしまうのかな。
シュバイネハクセはこの次のお楽しみね♪
Posted by Yogacat at 2008年10月07日 15:28
Erdbeerさん、ダンケです。
ぷっ、日本の照焼きではなくて、「ドイツテリ〜ヤ〜キ」だったんですね、きっと(笑)。
30%の意味はね、
普通は「話半分に聞いておく」とかいいますよね。半分はおおげさに言っただけでホントの話じゃないのよと。
話30%はずばり、その人の話は30%を真実として聞いておこう、あとの7割は大げさにした作り話よ、みたいな感じで〜す。笑
Posted by Yogacat at 2008年10月07日 15:37
いやですよね〜、こういうの。
でもここまでくると、明らかに「ヘンな人」だから、忘れ去るのが得策かもね。
ドイツ(のこのあたり)、とっても住みやすいと思っていますが、たまーにあるんですよね。
Posted by 麻 at 2008年10月07日 20:07
おばあちゃんとかおじいちゃんって時々面白い(?)人がいますよね。

昨日バスに乗っていたら、すごくよろよろのおばあちゃんが乗ってきたんです。
乗るまでにも時間がかかったんだけど、乗り込んでからも席に座るまでにすごく時間がかかっていました。
とうとう運転手さんが待ちくたびれて、まだおばあちゃんが座っていないのにバスを動かしたんです。

だからおばあちゃんに腕を貸してあげて、運転手さんには座らせるまでバスを出さないでってお願いしました。
そしたらおばあちゃん座ったとたんに元気になってすごいおしゃべり。
バスのルートのこととか、最近の若者だとか女の子の服装だとか、もう文句タラタラ。
そのうち私のことも根掘り葉掘り聞き始めて、正直疲れました。
でもね、きっと1人暮らしで普段は誰ともおしゃべりしていないんじゃないかなって思いました。
きっとそのドイツのおばちゃんもちょっとおしゃべりがしたかったかも。
で、思ったように会話が進まなかったので、ちょっと当てが外れちゃったのかなぁ?

これでお嬢さんが人見知りになっちゃったりしないことを祈ります。
Posted by みき at 2008年10月08日 00:50
麻さん、このおばさん、悪気はなかったかもね。ただ正直なだけだったりして・・・。
私自身はね、いやな目にあったことはまだほとんどないんですよ。肉屋で薄切りにしてくれって言ってどなられた位かな。あれだって本人はどなっていなかったかもしれないし・・・(爆)
Posted by Yogacat at 2008年10月08日 06:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107662589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。