2008年06月17日

日本人の英語

先週のママ友送別会での会話。

その日のお別れママは、フィリピン系アメリカ人でダンナ様はアメリカ人。
転勤族で次の行先はソウルに決まっていたのが急展開、ハワイか日本になりそうだと。

で、もし転勤先が日本になったら英会話でも教えてお小遣い稼ぎでもしようかなとの話になった。

日本に転勤になった彼女の知合いの話によると、

PI系米国人ママ「日本では英語を自宅でちょこっと教えるだけでいいお小遣い稼ぎができるんだってぇ〜。」

英国ママ「え〜っ、資格がなくてもいいの? そのお友達はフィリピン人?アクセントはなかったの?」

PI系ママ「アクセントあるよ〜。でもそんなの関係なっかったみたい」(ちなみに私の友達ママは米国育ちでアクセントはない)

私「もちろん関係あるとは思うけど。悲しいかな、日本人は英会話が苦手だから、なまり入り英語となしの区別がわからなかったのかもぉ〜?」(ひどいタガログアクセントはかなり聞き取りにくいと思うんだけどなぁ)

日本人、甘く見られたか。
せっかく中学高校と英語を6年間も学んでいるんだから、もっと使いこなせるようになるいい方法はないものか。
小学校から英語を導入している学校もあるみたいだけど、あまり効果なさそうだし(?)。
なんちゃって英会話学校やなんちゃって英会話講師のカモにならなくてもいい方法はありそうだけどなぁ。

やっぱり、失敗を恐れないしぶとい精神と英会話しゃべれないと死活問題になる位の貪欲さが必要か?
(そっくりそのまま私のドイツ語学習にもあてはまります)


せめて外交に携わる政治家や官僚は通訳が必要ない位の英語力があればと思います。日本がんばれ。

ブログランキングに参加中♪ 
よろしければポチポチしてもらえるとうれしいです。
Thank you for your support!

banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ





posted by Yogacat at 16:51| Comment(8) | TrackBack(0) | ドイツ語 英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜タガログアクセントで英会話の先生が出来ちゃうの?私なら、どんなにお安い英会話の先生でも、避けちゃうなぁ・・・。
悪いけど、それってトルコ人にドイツ語を教わるようなものでしょ?
駐在経験者の日本人奥様も、帰国後に英会話の先生をしていると聞いたことがあります・・・正直言って、お上手ではない人なんだけど、暮らしたことがステイタスになっちゃうみたい。日本って不思議な国です・・・。

私は今ではすっかり忘れちゃったけど、海外帰国子女の友達が多かったので、中学の時には全く駄目だった英語がす〜っと入ってくれました。
大半が10年以上英語圏にいたような子ばかりだったので、日本語がわかる外人に囲まれていたという感じだったんでしょうね。
どぉして今はあんな風にす〜っと入らないのかしら?
Posted by ゆき珠 at 2008年06月17日 21:07
ゆき珠さん、確か、不思議の国ニッポンと言う本がありましね(内容はよく覚えていないけど)。
そういえば、なまりのないネイティブスピーカーでも資格無しの講師は多いってよく聞く話ですよね。特に白人で金髪青い目なら歓迎みたいな(何が目的?)。

そうそう、私のドイツ語もどうしてす〜っと入ってくれないのか@@。
Posted by Yogacat at 2008年06月17日 22:59
あぁぁぁぁぁ、お耳の痛いお話ですぅ。
英語がこんなこと↓
http://phary.blog41.fc2.com/blog-entry-301.html
になっているpharyでした。
ドイツ語ももう頭打ちというか、、、、、。
いったい何年ドイツに住んでいるのよ、自分?
Posted by phary at 2008年06月18日 03:31
私、高校生の時に、放課後英会話学校に通っていたんですけれど、そこの先生たちは私の知っているだけで半分以上は学歴詐欺でした。
アメリカ人たちだったけど、出ていない学校を出身校と称していました。高校生だったので、大人の世界ってそんなモンかと思うだけでしたが、自分で学費を払っていたら文句のひとつも言ったかもしれません。
でも皆優しかったので、悪い人たちだとは思っていません。
イギリス人、オーストラリア人、アメリカ人以外に北欧の人もいました。
皆それなりの訛りがあって、面白かったのを覚えています。
一番解りやすかったのはやっぱりイギリス人の先生かな?
Posted by みき at 2008年06月18日 06:55
Pharyさんはまだドイツ語が話せるし、外国人とやりあう度胸があるから?大丈夫ですよ!?
わかります。私もドイツ語はもちろんですが、最近は英語も日本語もおかしくなってきました。
そういえば、私の2代目タンデム(向こうから希望)は、ドイツ語の書き言葉(っていうのかな)がど〜も怪しかったので(ドイツ人)タンデムは遠慮してもらって友人どまりにしていただきました…。
Posted by Yogacat at 2008年06月18日 07:24
マダムみきも経験者でしたか。日本にはそういう講師がやっぱり多いんですね。
でも考えてみたら、私も日本で英会話習った事があるからその中にはなんちゃって講師もいたかもしれません。あ〜っ!!今思い出したけど、私も若かりし頃バイトで英会話教えた事があったわ〜(爆)。楽しかったけど。

訛りで思い出したけど、大学のプログラミングの先生がインド人でなまりがひどくて何を言っているのか全然わかりませんでした。アメリカ人のクラスメートも苦労していて、結局インド系の生徒に授業後に要点を通訳してもらいましたわ。
Posted by Yogacat at 2008年06月18日 07:33
こんばんは、えいと@です。

確かに日本の英会話学校の先生っていい加減な人が多いのかも〜。トラブルが多いって聞きますし。
資格が不要って信じられませんよね。
資格が不要ならいい加減な人が集まっちゃうし、それで高い授業料払わされるって…何だかなーって思いますね。

>せめて外交に携わる政治家や官僚は通訳無しで英語くらいしゃべってほしいもんです。

この部分 ↑ ちょっと気になったので…。
政治家や官僚は英語が出来る人でも必ず通訳を付けるんですよ。
国と国の交渉や話し合いですからね。
いくら英語が出来る人でもネイティブではないので、言葉上の勘違いなどがあった場合に取り返しがつかないことにもなりかねないからです。
英語が出来ないから通訳を付けてるのではなく、必ず通訳をつけるようにしているようです。 ☆

 えいと@


Posted by えいと@ at 2008年06月18日 11:11
えいと@さ〜ん、英会話講師の中にはもちろん素晴らしい方もいるはずだけど、日本に行けば簡単にお金を稼げると思われてる所がねぇ〜、甘く見られてるなぁと思って、なんだか残念でした。

通訳の件、誤解させてしまった文章ですみません。後で修正しておきます。
(通訳をつけなくてもわかる位の英語力があればいいなというつもりだったんですが…)
私も通訳をしていた事があるので事情はよくわかります。
ただ、これは私の意見ですが、いくらうまい通訳がいても限界があります。これは仕方が無い事なんだけれど。
仕事の為に必死に英語を勉強して交渉に挑んでいるビジネスマンを何人か知っているので(通訳もいるけど)よけいにね。
言葉は文化だし、その言葉を勉強すると言う事はその文化背景や考え方もある程度知る事になるから、交渉の場ではそんな事も役に立つと思んだけどなぁ。
Posted by Yogacat at 2008年06月18日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。