2011年01月14日

初のガルフエアー

バーレーン旅行記2

空港へ向かう車外の温度は−3.5度。
途中雪がかなり降るが無事FRA空港に到着。

空港のスタバで出発前の祝杯をあげる。
私はクリスマス限定メニューのトフィーナッツクリーム(?)をチョイス。
でも甘すぎる上に量も多くて半分以上残す。
量を半分にして料金は半額とは言わないけど、2/3にしておくれ。
 
そういえば、スタバのロゴマークが変ったらしいね。
新ロゴに批判殺到という記事も見かけた。
私も前の方が好きだな。


さて、話を戻して、
定刻どおりに飛行機に乗り込んだのはいいけれど、
機内でそのまま待機する事約一時間。
雪がひどくなり、飛行機の妨氷作業をするためらしい。
雪の降る中を大きなスプレーで機体に薬品を吹き付けているのが窓から見える。
何だか映画の中のワンシーンみたいだ。こんな体験は初めて。
雪はその後も降り続き、キャンセル便が相次ぎ、
ヨーロッパの空のダイヤは大混乱となった模様。
一日ずれていたら私達も出発できなかったわ。




今回のフライトは初のガルフエア。
バーレンの国営航空会社だ。
CAの帽子にはベール?らしき布がついている!

エキゾチックでちょっとミステリアスさも加わり何だか素敵。
美人度も二割増し上がる様な気がする。
(私も個人用に一つ作ろうかな)

gulfairuniform.JPG gufairuniform2.JPG



それからイスラム圏の飛行機の搭乗口の壁にはコーランが備え付けられている。
エジプト航空にもついていた。
飛行機によっては聖地メッカの場所を示すシステムも装備されているらしい。
そしてお祈りの部屋(場所?)もあるんだって。




つづく、



私のドイツ語1日1フレーズ:
10. Das ist gesund.
11. Ich lebe gesund.
(心からそう言いたいよね)

ブログランキングに参加中♪ 
Thank you for your support!

banner_02.gifにほんブログ村 海外生活ブログへ


ラベル:ガルフ航空
posted by Yogacat at 04:49| Comment(2) | TrackBack(0) |  - バーレン王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。