2010年11月08日

尖閣諸島問題について

台湾出身の金美齢さんの公式ホームページ・コラムの欄、「尖閣諸島の問題について」からの転載です。

興味深い内容だと思います。

中国との関わり方だけでなく、
海外に住み、日々外国人と接している私にも役立ちそうなヒントがたくさんありそうだと思いました。


ちなみに金美齢さんは2009年9月に日本に帰化されています。




**********************

- 中国に何を言っても無駄である。これは日本人の問題です -


尖閣諸島問題について (2010年10月04日)


 私は、中国にもの申すのではなく、日本政府、日本国民にもの申したいと思います。

まず、以前から私が指摘している通り、民主党が素人政権であることが分かりました。

勿論、それが証明されても全然嬉しくはありません。

今回の事件を通じて、中国人は、何でもありで、理屈が通らない、自分のやりたい事をやっている相手だと

分かったはずです。中国人に一歩譲ったら、二歩攻め込まれるということを私は言い続けてきました。

日本人同士だったら阿吽の呼吸で、今日私が譲ったら、明日はあなたが譲ってくれるだろうと思うでしょう。

しかし、中国にはそれは通用しないのです。弱いと思ったら嵩に懸かってくるのが中国人です。それが全然

分かっていないのが日本人です。

続きを読む (興味があればどうぞ)


ラベル:尖閣諸島 金美齢
posted by Yogacat at 06:02| Comment(10) | TrackBack(0) | ドイツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。